賃貸オーナー様

オーナー様の不動産を、私たちアーバン・スペースのスタッフが資産価値の向上を図り総合的にサポートします。

創業28年間に渡り蓄積したノウハウを活かします!

Support

賃貸オーナー様へのサポート体制

賃貸経営は、長く入居してもらったほうが安定的に収入が見込めますし、空室リスクに悩まされる事もなくなります。入居者を顧客として捉え、顧客満足の為に様々な対策を考え、実行することで居住年数を長くしていく必要があります。PM(プロパティマネジメント)の考え方では、オーナーにとって解約=空室であり、収益を減らす悪因である為、いかに長く住んでもらうかが重要になります。不満による退去(設備の老朽化、近隣トラブル、物件自体の保守点検、清掃の不徹底、適正でない家賃設定等)を防ぎ、また早期に選ばれるために魅力的な物件を創ることが重要です。

プラス

~家賃を出来るだけ高く貸したい!
そのための空室対策とメリット~

入居促進のためには、現状と将来を見据えた賃貸条件の設定が重要です。
入居促進の可能性を高める空室対策のメリットや効果について解説します。

賃料にはある程度相場があるといわれます。このエリアで相場が6万円という意味は、このエリアでその築年数、間取り、広さ、仕様だと6万円で募集をしていますが、みんな空いているということです。
これは「相場賃料」と「成約賃料」との違いということです。成約=適正賃料とは2ケ月以内くらいで決まる賃料です。入居促進の基本は成約=適正賃料の正しい設定にありますが、出来るだけ高く貸すために下記の6つの対策を行っています。実際の不動産は同じものが一つとしてなく、立地・規模・築年数だけで賃貸条件を決めることも出来ません。
賃貸条件を決めるには、物件の個別性を考慮しつつ、競合物件との競争力比較や周辺エリアでの入居者の動向を分析する必要があります。対象物件で想定される入居者が賃貸物件を選ぶ際にどのような物件が候補に挙がり、入居者の視点の順位付けでどれくらいの位置付けになりそうなのかを把握します。

重要なのは、オーナー様が目指す賃貸経営の姿、ご所有の物件に合わせた空室対策を行うということです。

オーナー様にとって最善のご提案が出来るようサポートいたします。

プラス


物件をお持ちのオーナー様


TOPICS 一覧